ウレタンフォーム・発泡ポリエチレン・ゴムスポンジの加工と販売の富士ゴム産業

富士ゴム産業株式会社 ホーム > 素材から探す > ゴムスポンジ・ゴムスポ > NRゴムスポンジ(天然ゴム)高弾性・高強度

NRゴムスポンジ(天然ゴム)高弾性・高強度 | 素材から探す material

NRゴムスポンジ(天然ゴム)高弾性・高強度。ゴムスポンジの加工と販売は富士ゴム産業へ

商品ID NR(天然ゴム)
材質 ゴムスポンジ 高弾性・高強度
標準サイズ 1000×1000
(厚み2mm~)
密度 0.1~0.24g/㎤
硬度8±5 黒色 最大サイズ28×1000×1000
硬度20±5 黒色 最大サイズ28×1000×1000
硬度33±5 黒色 最大サイズ28×1000×1000
硬度30±5 緑色 最大サイズ28×1000×1000
カラー 黒,緑

加工バリエーション

打ち抜き加工 粘着及び両面テープ加工したものはハーフカットも可能です。
金型からご提案可能
カット加工・裁断 方形、有形、角棒など
スライス加工 ミリ単位まで対応可能
粘着加工 (のり引き、両面テープ、片面、両面)が可能
クリーンルームにて検査、打ち抜き加工が可能です。
成型加工、NC加工については、お問合せください。
ラミネート加工
ルーター加工

特徴

裁断加工が可能です。
厚みも数ミリから数メートルの立方体までご要望にお答えできます。
弾性が高く、緩衝材に適しています。
伸縮性に優れ、伸びても破れにくいです。
片面に粘着加工が可能です。
断熱性に優れ、保温、保冷に効果があります。
シール性に優れている素材です。
柔軟性に優れている素材です。

耐性

防音、遮音性に優れています。
耐熱性・耐寒性に優れています。
耐久性に優れています。
防振性に優れています。
軽く、気泡が独立しているため、水をほとんど吸収せず、大きな浮力を持っています。
シール性(密着性・気密性)に優れています。
高グリップ力に優れています。
吸収性に優れています。
断熱性に優れています。
クッション性に優れています。

こんな用途で使用されています

ご家庭用家具材、寝具に最適です。マットレスからソファまで幅広い用途でお使いいただけます。
※硬さなど商品の選択に関しまして分かりにくい点がございましたらお問合せくださいませ。
自動車内装部材から制振などデッドニングまでお使いいただけます。業務用卸販売から個人のお客様への小ロット販売まで対応可能です。
医療現場でよくお使いいただく素材です。特に介護施設においては、ベッド・診察室などからリハビリフロアまでに適した素材です。
ホームセンターでは揃わない幅広いラインナップでDIY用品としてお使いいただけます。特にアウトドアにおいてオリジナルの手作り用品としてのご利用が人気です。
梱包用資材として様々なジャンルの商品の梱包・輸送にお使いいただいております。果物など生鮮品から精密機器まで、梱包対象商品・製品に応じた作業効率の良い規格をご提案いたします。
各産業分野にて新しい用途が広がっている素材です。
※業界別のご提案事例などお気軽にお問合せくださいませ。

よくあるご質問

ゴムスポンジとは?
原料ゴムに有機発泡剤・架橋剤・軟化剤・補強剤を練りこみ発泡させたものです。原料ゴムの選択と配合剤の組み合わせで、硬さ等の物性を調整する事が出来ます。
どんな特徴があるの?
軽く、引き裂き強度に優れています。熱伝導率に優れ、保温材としても適しています。独立気泡なので、吸水性は低く、クッション性がありますので、緩衝材としても使用できます。
どんな種類があるの?
大きく分けて、「NR系(天然ゴム」「CR系(クロロプレンゴム)」「EPDM系(エチレンプロピンゴム)」に分かれます。その他「ニトリルゴム」「シリコンゴム」があります。
種類によってどんな特徴があるの?
「NR系(天然ゴム」
弾性・対磨耗性・耐寒性引張強度・動的発熱が少ないという特徴があります。耐熱性・対油性・耐候性・耐オゾンには劣ります。

「CR系(クロロプレンゴム)」 
中程度の耐油性・耐候性・耐オゾン性があり、一般的に工業製品等に使用されています。また、難燃性です。

「EPDM系(エチレンプロピンゴム)」 
耐オゾン性・対化学薬品性・耐熱性・電気絶縁性に優れています。ただし、耐油性には劣ります。

どんなところに使用されていますか?
梱包・包装用の緩衝材、ガラス・精密機器・医療用器材の輸送用緩衝材、住宅用メジ剤、ドアパッキン、自動車・船舶の坊震材、エアコン・冷蔵庫の断熱シール防音・防湿としてのシール材及びパッキン材・・・等
どんな加工が出来ますか?
カット・抜き加工・粘着加工・他の材料との貼り合わせ等
取り扱いで注意するところは?
長期間放置しておきますと、硬く、伸縮していきます。また、粘着加工したものは、粘着の強度が落ちていきます。臭いに関しては、最初は臭いがありますが、時間とともになくなっていきます。

ページの先頭へ